カテゴリー: 未分類

torusに火が灯る

high!!!! everyone!!!!

今年lastの満月を経て、皆さん、如何お過ごしでしょうか?

今年は満月の日に雲が出る事が多く久しぶりにでっかいお月さん見たな〜という印象です。

月のリズムが心地良い。

我がTORUS cut&communicationも満ちてはひき、よせては返しを繰り返しながら、この間、ある種の沸点を一度迎えさせて頂きました。

 

それは突発的に開催したTORUS忘年会2016にランダムに集まった縁のある人達と過ごす濃密な時間の中でごく自然に生じた沸点であったなと感じます。

 

一言で表すならばそれは「リングワンダリング」であり「循環」即ち”TORUS”あって、

もう少し言葉を足すならば「火が灯った」という感覚です。

この火を寒い夜も、嵐の日でも、消えない様に大切に燃やし続けます。

絵を描いてくれたアラヤンさん

選曲人を務めてくださった哲平師匠

そして会場作りから音響、鍋奉行まで諸々細かい部分に惜しみない協力を捧げてくれた友達のぽりす君。

心から有り難う御座いました。

 

その火が灯った翌日から、友人でありお客さんの

ATSUSHI KOBATASHIによる写真展、

SKY /SKY /SKY/

を開催しております。

 

今年の夏、「空の写真を撮る」という透明な思いを具現化する為、実際に行動し、そのプロセスの中にある喜怒哀楽を味わって、起承転結まで足を止めなかった仲間の作品です。

 

心に気持ち良い風の吹く、素晴らしい写真達ですので良かったら是非是非愛でてやって下さい。

 

写真を見るだけでも構いませんので、お店の近くまで来た際はお気軽にお立寄くださいね。

展示期間は来年1月末までを予定し、撤収日にはささやかなclosing partyも設けようと考えております。

 

楽しみですな!

 

それでは皆様、今年も残り半月。

一日一日を味わい尽くして参りましょう。

焚き火へ

IMG_4568

 

 

こんにちは! 今月も早いもので4週目となり二連休を頂いておりました、TORUSでございます。

今回の休日は何をしていたかと申しますと、『焚き火』をしてきました。

キャンプでもbbqでもなく、『焚き火』。

僕は、どんなグルメにありつくよりもぼんやりと火を眺めている時間が大好きです。

一人の焚き火もいいし、大切な人との焚き火もいい。

仲間と囲む焚き火なんてそりゃもう最高。

丸めた新聞紙から生まれた小さな炎が、細い枝を食べ、薪を食べ、丸太を食べて成長する。味付けはそよぐ風。

薪と一緒にいらなくなった重たい想いもくべてしまえば心もすっきり軽くなる。

火の音と、川を流れる水の音の中で、焚き火を見ながら佇んでいるとき、この上ない幸福感と自然への感謝がこみ上げてくるのはきっと僕だけではないはずだ。

焚き火を眺めているとき、濁流のような現代を流れる時間から抜け出して、星野道夫さんが住んでいた様な悠久の時間の流れを生きられる。そんな気がします。

 

色々制約はあれども、もっと焚き火が身近になったらいいのになと思います。

 

ここまで書いてお店の電話がなりました。

もう一仕事楽しませて頂きます!

 

それでは皆様、暖かくして良い夜を!

 

 

 

 

 

 

僕は幸せ

こんばんは。

今宵は新月という事で、何かしようと思い、全力でトイレットの清掃を行いました。

お陰ですっきりとした心持ちで今このblogを綴らせて頂いております。押忍。

 

もうここの所、嬉しい再会が相次いでいて、多幸感ここに極まれり!といった様相を呈している我がtorusでございます。

正直な所、店はまだ軌道に乗っているとは言えない状況の中、この『再会』というものが僕の心に与えてくれるpowerというものは筆舌に尽くし難いものがあります。

 

IMG_3912まずは小学校の同級生。彼は中学から私立に進んだため、ほぼそれ以来。

しかも家族の事情で名字まで当時と変わっていたもんだから予約の電話を頂いた時も全く気づかず、だけどドアが開き、その顔を見るやいなや、鳥肌ものでございました。

IMG_3931

 

こちらは、高校の同級生。同じサッカー部で名前も一文字違い、面接時は隣に座っていたというただならぬ縁を感じさせる男。

IMG_3954

 

こちらの3人集は、黄色いダウンの彼と、10代の頃同じアルバイトをしていたのですが先日呑み屋でばったり再会し、思い出話に花を咲かせ、右の彼とも意気投合! 二人で髪をcutしに来てくれたのですが、cut中に後ろの彼から電話がなり、話をしているうちに何故だか彼もcutしに来てくれる事になりましてこのショット。(笑) 良い味出ている三人組でございました。

SONY DSC

SONY DSC

 

そして今日、またしても高校の同級生が来てくれました。サッカー部のムードメーカー的な存在で、皆をまとめて引っ張ってくれていた男の一人です。サッカーのセンスは勿論、ユーモアのセンスまで併せ持っていたもんだから、当時は少しジェラシーを感じていましたが、またそのジェラシーに火がつくんじゃないかと思わせる程、男っぷりをあげていました。

いやはやこうやって写真を並べて見ると、実に良い男達が集まって来てくれているなと嬉しくなります。

こちとら、お客様方の男っぷりに気圧されぬよう、魂磨いて参る所存であります!

こうして育った街でお店を構えさせて頂いて、そこで新しい出会いやこうした再会をさせて頂けるというのは本当に有り難いことです。

 

TORUS、実に良い風吹いてます! 押忍!!!!

 

 

僕の居所

IMG_3797

 

今日は朝一番で父とその仲間達が来てくれました。

これから皆で何を食べるか? それを話し合っている場面。

父の人生の一場面。

 

IMG_3798

 

 

その後、二年近く会っていなかった心の友が。

 

ずっと自分の居場所を探して彷徨っておりましたが、誰もが言う様に、そんなモノは探しても見つからず、やはり造り出すしか無い。ですが、その造り方が皆目見当もつかないといった状態だったのですが、ただ場を拓いて、心を開けば良いのではないかという事を考え始めた33歳、秋。

 

travelling without moving。その奥深さを思うと震えます。

楽しみです。我がTORUS。

 

 

悼む人

お久し振りでございます。

開店させて頂いて早いモノで4ヶ月が過ぎようとしています。

御陰様で元気に今日も生きています。皆さん、どうも有り難うございます。

この4ヶ月、blogとなると構えてしまいなかなか筆が進まなかったのですが、もっとフットワークを軽くして日々の思いを綴って行こうと一段ギアをあげました。

(なんせ当店cut&”communication”なんですから)

 

はてさて、昨晩は新所沢で”calypso”という超絶ユニークなお店を営まれている早川さんが、西武新宿線の野方駅の近くに新たにお店を出し、そのオープニングパーティーに『おいでよ〜』とお声を掛けて頂いたのでお邪魔してまいりました。恐縮です!(4、5年前でしたかね?早川さんのオーガナイズされたhair showでperformannceさせて頂いた事もあるんです。その節はお世話になりました)

 

その名も『ミョルニル』

IMG_3787

 

一階には「無垢」というcafeがあってそのcafeは木材を基調にした自然素材の至極落ち着きそうな佇まい。

(髪の毛さっぱりした後このcafeでおいしいcoffeeなんてのも乙ですね)

 

その脇の階段を昇って行くとそこが不思議の国の『ミョルニル』!!!!(実際に何度も口にしてみましょう。最初は口がうまく動きませんがスムーズに発音できる様になると気持ち良いです)

衝撃的なthe worldに足を踏み入れる前に階段通路に植えられた植物達が心を中和させてくれました。

(我がTORUSも看板まわりに植物絡ませたいな〜と考えていたので参考にさせて頂きます!)

IMG_3782

 

 

 

IMG_3779

 

 

一つ一つの素材、アイテム達がそれぞれ独特な存在感!

植物を内包したランプはとても優しい光をはなってました。

 

もう床からして衝撃的なインパクト!

IMG_3781

 

 

IMG_3783

 

IMG_3788

 

IMG_3789

 

大人の本気は凄まじいなと、本気で思った33歳,秋。

我らがむっしゅさんの制作した鏡のオブジェもその個性を存分に放っておりました!!!!

IMG_3785

 

 

立体のオブジェが作る影も素敵です。

 

IMG_3786

 

 

いやはや凄まじいトリッピー空間でした。

これからこの場所にどんな人達が集まって、どんな思いをいだくのか。楽しみですね。

良い刺激を有り難うございました。そして改めておめでとうございます!!!!

 

そんな異次元空間に飛んでしまったもんだから酔い覚まし的な感覚で一本映画でもと思いtutayaへ。

途中まで鑑賞していた『モテキ』ドラマ版の続きをレンタルしようかと思ったのですが、ある人の言葉が心に浮かびました。

 

「『いま』生み出された作品に触れた方がいいよ。出来るだけタイムリーなものを。」

 

(なら映画館でしょ。とは突っ込まないで下さい。)旧作100円レンタルに愛着はあるものの昨日はやけにその言葉が頭の中に浮かび上がってくるもんだから勇気を出して新作コーナーの前に立ちました。

今、この時代に、日本で生み出された映画という縛りの中で『悼む人』という一本の映画が目に止まりました。

 

主演は最近僕が好きだった映像作品(苦役列車、まほろ駅前番外地、花燃ゆ)にも出演していた高良健吾。

 

ミョルニル同様こちらも衝撃的な内容で、酔い覚ましドコロか、更に酔うという異例の展開。(笑)

この映画には,今、世界に蔓延しつつある狂気と向き合う人間の姿が描かれていました。

不条理な人の死を悼みながら旅を続ける主人公が、3・11の震災の後、一週間かけて熊野古道の伊勢路を歩いた時の自分と少しシンクロしちゃって映画にずっぽし感情移入。そのでぃーぷで狂気の世界観にどっぷり浸されて、見終わった後、相当疲労困憊しましたが、心に残る一本となりました!

 

いやはや刺激的な一夜を過ごさせていただきました。

その刺激を糧に我がTORUSもさらにTORUSして参る所存であります!押忍!

有り難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

hot & cold

IMG_3519

 

 

暑い夏と寒い冬の その間

日射しは暖かくて 光は柔らかい

空気はひんやり ややかたい

 

僕という人間は、公衆浴場行った際、水風呂がある所では、

『温冷浴』という入浴を好んで行います。

 

これは暖かいお湯と冷たい水風呂に交互に入るという至極単純な入浴方法なのですが、

「それぞれ限界までつかる」っていう所が味噌でございます。

 

温かい湯に 顔が真っ赤になり 頭が朦朧とするまでつかり、

今度は冷たい水風呂に、息子が干されたポークビッツの様になるまでつかるんです。

 

これを3〜4セット繰り返します。

その間、出来るだけ呼吸を意識したり、(暑い時は長く深い呼吸になり 冷たい時は短く切る様な呼吸になります、僕の場合)手の指の運動を繰り返して全身に血を巡らせるようにします。

 

すると次第に、心地良くなってくるんです。

勿論、極と極は 暑いし,冷たいんですよ。だけどもだっけっど。その暑さが冷たさに、

冷たさが暑さに変わっていく間が、たまらないんです。

 

頭の中は驚く程、静まって

心の水面は絹のように滑らか。

 

いつもそんな心持ちで生きてゆきたいもんですが、なかなかそうも行きませんので、たまに

こーしてチューニングしております。

 

次の心のチューニングとしてはそろそろ焚き火がしたいでごわす。

押忍。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の雨の夜に

IMG_2783

 

皆さん、今晩は。
今夜は如何お過ごしでしょうか?
 
僕の方は、今日味わった喜びを噛み締めながらこのblogをしたためております。
 
お店をopenしてからというもの、沢山の先輩、後輩、仲間達に支えて頂いている日々であります。心から感謝します。本当に有り難しであります。
もっと心地良い時間を過ごしていって頂ける様に、もっともっと僕は僕なりの、TORUSなりの努力というものを見つけ、積み重ねていかにゃならん。今、そう強く感じている次第であります。押忍。
そして、これからは全く未知の方々にも、どう門をくぐって来て頂くかという事が大きなひとつのテーマになって行く訳ですが、今日はその件で非常に嬉しい出来事があったのであります。
あれは、まだopenしてすぐの頃だったと思います。
お店の前の通りというのは、通勤に電車を使われる方が沢山通行するのですが、その日も仕事を終えた方達がちらほらと通りを歩き、家路についておりました。
そんな中、ある若い男性が店の外観を少し立ち止まり眺めて、また歩き始める様子が目に止まりました。
僕は、一瞬迷いましたが、すぐさまshopカードを手に追いかけて声をかけさせてもらったんです。
『今度こちらで散髪所をやらせもらう事になりました!良かったらこのカードにhpなんかの情報も載っけてるんで見てやってください!』
そういってカードを渡すと、彼は少し驚いた様子ではありましたが、快く受け取ってくださり、去って行きました。
その夜、fbのお店のページを見てみると見知らぬ方が『いいね!』を押してくれている。もしや?
いや、まさか。
いやいやなんとそのまさか!でありました。その方が今日お店に髪を切りに来てくれたのです!
話を聴いてみると、そのお客さんはその頃にこの町に引っ越して来て、その日初めて新所沢の駅を利用して通勤をした日だったらしく、目新しい通勤風景の中でうちの店の前で一瞬足を止めてくれていたんだそう。
するといきなり見知らぬ男に追いかけられ声をかけられたもんだから、相当驚いて、その後、しばらく
お腹が痛かったと言っていました。(笑)(お腹を痛くさせてしまった事に関しては平に謝罪しましたよ)
そんなstoryを二人で笑いながら、髪の毛を切らせて頂きました。
こういった展開というのは、また新しく僕の胸を躍らせてくれています。
展開の仕方は無限であって、とても自由。
そして直感がやはり重要だ。
直感と思考。うまくバランスをとっていきたいもんです。
そして最後になりましたが、来る大型連休のTORUSの営業についてですが、
身内の祝い事の為、18日(金)〜21日(月)まで沖縄は石垣島に行って参ります。
その間 お店はお休みさせて頂く事となります。
何卒、宜しくお願い致します。
22日(火) 23日(水)は営業しております。
勿論、明日もしっかり営業しますので良かったら髪を切りにいらして下さい!
それでは皆様、良い夜を!

臨時休業のお知らせ

IMG_2685

 

親愛なる皆様こんにちは。

直前でのinfomationになってしまい大変申し訳ありませんが、

明日 19日(水) 明後日 20日(木) は、出張でのお仕事をさせて頂くことになりましたので

お店はお休みさせて頂きます。

 

良いお仕事をさせて頂きますので、何卒宜しくお頼み申し上げます!

 

鋏のオブジェとお盆営業

TORUSの立体看板を制作して下さったむっしゅさんの工房にて、新たに鋏のオブジェを制作して頂きました。重厚感、存在感、インパクト、どれをとっても申し分ない仕上がりに店主は大満足であります!

これで道行く人達も『あ、髪切るところね』ってわかって頂ける筈!

むっしゅさん、毎度ありがとうございます!!!!

 

鉄を加工し、形にして行く過程を、最初から最後まで見たのは初体験だったのですが、何とも男心をくすぐる楽しい時間でした。何でもそうだと思いますが初めての体験というのは強烈ですね。

 

まずは、原寸大の鋏のモデル図を、実際に作る鋏の大きさに拡大。マスを比率で拡大し、そのマスに触れる鋏の接点にポイントを打っていきます。その点を線で繋いでいくと、実際に作る鋏の形が現れます。

 

IMG_2615 IMG_2619

 

 

そこに最初は真っ直ぐな金属の棒を 形に沿う様に繊細に曲げて行く。

 

IMG_2625

 

 

IMG_2626

 

 

IMG_2635

熱して、叩いて、溶接して少しづつ鋏の形が現れてきます。

IMG_2630

当初はむっしゅさんにサポートしてもらって俺が! んがっ!と思ってましたが、とんでもなかったす 笑 どれくらい熱して、どんな角度でどう叩けば、どんな形になって行くのか経験のない僕には見当もつきません。後半は僕にとってむっしゅさんは錬金術師でした。

 

『大事なのは仕上がりのイメージをしっかり頭に描く事だよ』っとぽろっと名言。

これは僕の仕事にも、いや人生にも通じるメッセージだ!と心にメモメモ。

IMG_2637

 

 

構造自体は本物の鋏と同じで、静刃と動刃の二枚のプレートになっています。

IMG_2639

 

 

その二枚を鋲で固定。そうです。この鋏、ちゃんと開閉できるんです。笑

IMG_2640

 

 

最後は錆び止めに蜜蝋をコーティングして仕上がりました! ディスプレイ用の鋏のオブジェ!

この鋏のオブジェが道行くナイスガイ達の目に止まり、好奇心をそそってくれる事を切に祈ります。

そして我が子孫たちには『雅也じいちゃんの鋏』として受け継がれていく事も。笑

 

IMG_2646

 

 

夜、照明が当るとこんな塩梅になります。

このオブジェを吊り下げて、お盆も休まず営業しております。

次の定休日は17日の月曜日となりますので宜しくお願い致します。

 

はてさて、次はメニュー看板の制作&設置。

良く寝て、良く食べ、良く遊び、更に良い仕事が出来る様に頑張ります!

 

押忍!!!!

 

 

 

 

 

 

 

TRAVELLING WITHOUT MOVING!!!!

こんにちは。生まれたてのTORUS cut&communicationです。

多くの方々の支えと励ましと祈りによって、どうにかこうにか立ち上がる事ができました。この場をお借りして、まずは感謝申し上げます。

心から、ありがとうございます。

そしてこのblogを書く事で、TORUSのwebサイトも、晴れてお披露目ということでありまして、やや緊張気味ではございますが、筆をとらせていただきます。(笑)

まず一発目のタイトルに選ばせて頂いたwordは

『TRAVELLING WITHOUT MOVING』

この言葉も、この度、引き継がせて頂いたこのお店の前店主であり、僕の精神的な師の一人でもある高崎哲平さんに教えて頂いた言葉です。

ご存知の方も多いとは思いますが、僕という人間には放浪癖がありまして20代の頃は、自転車での日本一周から始まり、東南アジアやヨーロッパ、離島、震災後の東北を思いつくまま、旅する日々でした。

理性や思考、意識のもっともっと奥にある、自らの魂の欲求が引き寄せる人や、出来事、情報を頼りに 生きているという実感を求めて彷徨いました。

その全てをやり切った、感じ尽くしたとは思いませんが、動く旅を通して出会うべき人達には出会ったし、知る必要のある事は知る事が出来たと思っています。

そしてこのタイミングでお店をやらせて頂くというご縁を頂き、沢山の方々の協力を得て実際に立ち上げる事が出来たというのは、これはもう明らかに次の段階に進む時なんだと認識しております。

今まで、動く旅の中で与えてもらった感動を、これからは店を軸にして自分から生み出して行こうと考えております。

とはいえ、まだまだ生まれたて。

暖かい目で見守って頂き、時には叱咤して頂ければと思います。

traveling without moving=動かずして旅をする

お客さんが運んで来てくれる風を感じ、話してくれる人生の断片を味わっていければ、こんなに嬉しい事はありません。

さていよいよ明日からfull open!

皆様のお引き立てを賜りますよう何卒、宜しくお頼み申し上げます。

最後になりましたが、このTORUSのweb、shopカード、ロゴをデザインしてくれたカシヤマ氏。ありがとう!楽しい制作の日々でした!

そして写真はこれまたカシヤマくんに制作してもらっているTORUSステッカーです!髪を切りに来て下さった方々の中で欲しいという方がいましたらお渡ししたいと思います!プレオープンの間に来てくれた方々も欲しい方おりましたらご一報ください。

押忍!!!!

11801094_912589322149221_311687835_o

Adress

〒359-1111
埼玉県所沢市緑町4-2-8
Google Map